ブログ

大神神社会報「かぎろい」から 『御霊(みたま)の不思議な御力を得て守りとする』

<御霊と情念>

世の中には数多くの宗教や思想・考え方があり、それぞれの視点からわたしたちが生きている「この世の世界」と死んだ人間がいく「あの世の世界」について説明をしています。

 

先日、わたしたち巳和の光が奈良の大神神社を訪れた際、『大神神社会報「かぎろい」』のなかに、神道の視点からあの世とこの世の関係を分かりやすく解説した文章がありました。

 

今回、その文章を勝手ながら引用させていただき、巳和の光の観点からこの世とあの世の世界、生きている人間と亡くなった人間の関係ついて考えてみたいと思います。

 

一般的に神道においては(神道のみではないかもしれませんが)、わたしたち人間の身体には肉体とは別に「魂」が宿っていると考えます。

 

その魂を神道では「御霊(みたま)」と呼びます。

 

人間は寿命が尽きて亡くなると、身体はわたしたちが普段生きる【顕界=この世=生身の人間が生きる世界】で葬られ、《身体に宿っていた「御霊」は【幽界=あの世=神様や霊が生きる世界】へと旅立ち》ます。

 

しかし、一方で、顕界であるこの世への思いが強いとその御霊の一部が残り、御霊の状況によっては生きている人間にプラス・マイナスのさまざまな影響を及ぼすことがあります。

 

『大神神社会報「かぎろい」』のなかの文言を拝借しますと、

 

「亡骸はこの顕界で葬られ、身体に宿っていた御霊は根の国・底の国、すなわち幽界へと移っていきます。しかし、顕界への思いが強ければ、御霊の一部がここに残り、ご遺族らが祭ることで、ご遺族らのために御力を発揮することもあります。ですから、お墓やご霊璽やご位牌などを、ご遺族らは丁重に祭られて、ご助力を願うのです。」大神神社「かぎろい」11月号「御霊の用と体」より引用

 

このなかで第一に重要なことは、「顕界への思いが強ければ、御霊の一部がここに残り」というところになります。

 

顕界への思いとは、御霊が抱く「この世への名残・執着」のことであり生前に御霊がこの世でやり残したこと・伝え残したことなど後悔や悔しいという負の【情念】になります。御霊がこの負の【情念】を持ち続けて亡くなった場合、いつまでもこの世に未練を持ち続け、顕界であるこの世に御霊が残ってしまいます。

 

御霊がこの世に残ってしまうということは、死してなお完全にあの世に行けていない状態、つまり、仏教用語で言う「成仏ができていない」状態ということになります。
(話がそれますが、あまりに【情念】が強い場合、生きている人間の眼にも見える形で姿を現すこともあります。それが、いわゆる「幽霊」です。)

 

そこで、御霊が抱く「この世への名残・執着」を解消し、【情念】から解放差し上げることが重要になります。

 

第二に重要なことは、「(御霊を)ご遺族らが祭ることで、ご遺族らのために御力を発揮する」というところになります。

 

御霊を丁寧に弔い祭ることで、御霊が抱く【情念】を解きほぐし、【顕界=この世=生身の人間が生きる世界】への未練や心残りを断ち切らせます。

 

そのためには、生きているご遺族が

 

「あなたのおっしゃることは聞き届けました。もうこれからは心配しなくて大丈夫ですよ」

 

と御霊のお気持ちを慰めて差し上げる必要があります。
その行為を巳和の光では「言い分(いいぶん)をお聞きする」と表現しています。ご遺族らが御霊の言い分を聞くことで、御霊は安心して心穏やかな状態となり、この世への未練が無くなっていきます。

 

<不思議な御力でご遺族を守護する御霊>

この世への未練が無くなった御霊は心置きなく【幽界】に行くことができます。いわゆる「成仏できた」状態になります。【幽界】は神様の世界です。

 

亡くなった人間の御霊は神様の世界である【幽界】に行くことで、人間ではなく神様の世界に近い存在として、ご遺族らを守護する【御力】を得ることができるようになります。

 

逆に、御霊が【情念】を抱き続けて、この世である顕界に留まり続けている場合、御霊のみならず、ご遺族ら生きている人間にとってもマイナスの影響が出ます。その理由は、

 

御霊がいつまで経ってもこの世のご遺族らを守る御力を得ることができず、ご遺族らにとって顕界の災厄から守護してくれる霊的なボディガード(守護霊)がいない状態だからです。

 

そのため、ご遺族らは御霊が早く御力を得ることができるように御霊を「丁重に祭り」、幽界へと誘って差し上げることがとても大切になります。

 

では「丁重に御霊を祭る」とは具体的にどのような方法を言うのでしょうか。
一般的には豪華で多くの人が訪れる供養を行うのが丁重に御霊を祭るということになるでしょうが、わたしたち巳和の光では以下のように定義しています。

 

『御霊の気持ちである【言い分】を直接お聞きして、ご遺族らと一緒にこの世への【情念】を解きほぐして差し上げること』

 

このことが御霊を丁重に祭ることで一番大切なことと思っています。

 

もちろん一般のお寺や神社で豪華で賑やかに供養を執り行うのは素晴らしいことで御霊にその気持ちが伝わりとても喜ばれます。

しかし、一般的なお寺や神社での供養の場合、御霊のお気持ちを聞いて差し上げることまではしてませんので、どうしても御霊の情念が消えるのに時間がかかってしまいます。

 

 

御霊の「言い分」を聞いて差し上げることで、御霊が抱いている【情念】が通常よりも早く消えていくようになります。

 

そして悔恨の情が消えて無くなるスピードが早ければ早いほど、御霊はご遺族らを守護する御力を早くそして強く得ることができます。それがご遺族らを災厄から護ることに繋がり、安寧と繁栄へ繋がります。

 

巳和の光では、神道の作法にて御霊祭を執り行い、御霊の【言い分】をお聞きする供養を心を込めて行っています。

また同時に、ご遺族から御霊へお聞きしたいことがありましたら、その場で御霊のお気持ちをお伝えすることもしております。もし亡くなる前に聞きたかったなぁということがありましたら、どうぞその場でお聞きいただけたらと思います。

 

以上