巳和の光について


巳和の光は自動書記と霊視による『御神示相談』と呼ばれる方法でお悩みにお答えします。

先生紹介

三輪 ちづる 先生

霊能者としての実績は30年以上に渡り、相談者の数は数千人に渡る。
奈良の神宿る三輪山の神様からの言葉を「御神示(おくじ)」という方法でお伝えして、多くの方々のあらゆるお悩みを解決に導いてきました。

御神示は「自動書記」と「霊視」を組み合わせて行います。特に、自動書記では神様からの御神言を紙に書いてお伝えします。

一言:気さくで話しやすいご相談をモットーにしています。どんなお悩みでもお気軽にお越しください。

 

70年に渡り人助けをしてきた「巳和の光」

巳和の光は、先代が三輪山で神がかりで摩訶不思議な力を授かって以来、約70年に渡って「人々を幸せにしたい」という切なる願いを抱き、何百何千という無数の方々の悩みを解決して参りました。

 

その長年に渡る実績によって、多くの方から厚い信頼を集め、全国からご相談に参られます。

 

まずは目の前の一人を幸せをすることで、その家族など近しい人も幸せにし、ひいては世の中全体を幸せにするという《幸せの連鎖》を起こすのが巳和の光の願いです。

守護神の力

『福を呼ぶ、あなたの守護神』

あたたをお守りする神様『守護神』

どの方にも守り神である神様『守護神』が身体に宿っていらっしゃいます。

 

守り神=守護神として多くの方にご縁がある神様は、あなたと深く所縁のある場所や土地に関係あることがほとんどです。いわゆる一般的に「氏神様」「土地神様」と呼ばれるものです。

生まれてからマンションに住んでいる方であっても、ご両親や御先祖様にご縁のある土地から神様がお越しになっている場合が多くあります。

基本的に神様は木や石などの場所に宿られています(神社でも岩や石、木などがご神体になっているところが多い)。

そのような場所にいた神様は、気になった人間がたまたま近くの場所を通ったり、住んでいたりすると身体などに宿って一緒にお越しになることがあります

 

しかし、神社でしっかりとお祀りされている神様と違って、私たちの身体に宿ってきた神様は、まだ人間から『神』として認知される前の状態であるため、厳密には神様ではなく『精霊』と呼ばれるものに当たります。

 

巳和の光ではこのような皆さまの身体に宿った神様とやり取りして、その後の人生や悩みを解決していきます。

 

さらに詳しい内容のお問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。