【供養祈祷等】

故人の気持ちや願いを聞き届ける

たま供養

故人の気持ちや願いを聞き届ける御霊供養

わたしたちの御霊供養は“故人の「心の残り」や「未練」をお聞きする場”です。

「心の残り」や「未練」は「言い分」といい、この世への執着の源となります。その執着は故人があの世で行くべき場所へ向かう際には足かせや障害となります。

 

故人の言い分を現世に生きるわたしたちが聞いてあげることで現世への執着を減らし、あの世で行くべき場所へと促します。

そのため、御霊供養では単に儀式を形式的に行うのではなく、亡くなった方の言葉やメッセージをお伝え】ています。

 

突然死や不幸な亡くなられた方は現世への執着が深いため、言い分をお聞きすることが特に大切になります。

 

 

実例紹介

ケース1:

ある方のご両親を供養したときのお話をしたいと思います。
当時、その方は離婚したばかりで、仕事もうまくいっていない状況でした。亡くなったご両親の供養はいろいろな事情で満足に出来なかったので、この機会にということで供養をすることにされました。供養でご両親の御霊をお呼びすると、河原に立ってお腹から血が出ている男性の姿が目に浮かびました。そこでその方にお父様はどのように亡くなったのですか?とお聞きしたところ、「父親は知人と揉め事があり河原でお腹を刺されて亡くなりました」とお答えしました。なるほど、それで河原が見えたのですね、とお伝えし、霊として現れたお父様からの気持ちを十分にお聞きした後、お父様の霊は『突然の死に心の整理がつかなくてあの世でも未練があったが、今回このような形で供養をしてもらったおかげで気持ちが大変楽になった。また自分がなぜ死んだかようやく理解できた』とおっしゃってあの世に戻っていきました。また同時にお母様の霊も現れて、真っ赤な口紅を塗って赤いハイヒールを履いてる姿で出てきました。その方に何かその姿に思い当たる節はありますか?とお聞きすると、その方は、「母親が目一杯オシャレをしている姿がそのような格好でした」とのことで、お母様も供養して貰えるということでご自身が一番華やかなで楽しかった瞬間の姿で出てこられたのですね、とお伝えしました。その後、その方は、現在、仕事も順調でお子様と穏やかに暮らしております。

 

ケース2:

また別の方の例のお話もしたいと思います。
その女性は息子さんを不慮の事故で亡くしてしまい、すでに旦那さんとも離婚もされていました。息子さんが若年で亡くなってしまったので、非常に残念でぜひ供養をしたいとのことでした。息子さんのご供養をすると、息子さんの霊が現れました。現れた息子さんの霊に何か望みはありますか?と聞くと、『スプライトが飲みたい』と言ったので、その方に息子さんがスプライトが飲みたいと言っていますが、お好きだったのですか?とお聞きすると、女性は「そうです。息子はスプライトが大好きでした。」と答えました。そして、式の途中でしたが、「近くでスプライトを買ってきていいですか」とおっしゃるので、ぜひそうされてくださいとお答えし、近くのコンビニでスプライトを買って神前にお供えされました。息子さんの霊は『とても美味しかった』と満足し、『お母さんにもお母さんの人生があるから、もう僕のことは大丈夫だから新しい人生を歩んでください』と言いました。女性は、息子がそう言っているのであれば、そうしますということで新しい人生を歩む決意をされました。

 

 

このように、形式的な形だけの供養ではなく、あの世とこの世の人間の幸せを後押しすることが私たちの供養となります。

自らの神様に安寧無事を願う

「神鎮め」

人生の守り神「神鎮め(神鎮祭)」

 

「神鎮め」とはその土地に宿っている土地神様を正式に神様として神棚にお祀りすることです。多くの場合、土地神様は土地の木や石に宿られています。そして、人間が家を建てて住むとき、その土地にいる土地神様もすぐそばにいて、人知れず日々そこに住む人間を見守っています。しかし、同時にそれは土地神様のいた土地に人間が後からやってきて住むということでもあります。そこで、そこにいらっしゃった土地神様を人間が住む場所より高い位置の神棚に移動して頂いて、その家や人の「守り神」になっていただくことを「神鎮め」と呼んでいます。

 

地鎮祭や氏神様とは違う「土地神様」

「家を建てるときに地鎮祭を執り行いましたので大丈夫だと思います」とおっしゃる方がいられます。しかし、地鎮祭はあくまでも土地神様に「工事の際はお邪魔します」というご挨拶であって、その先も日々、土地神様に手を合わせることではありません。

また「地域の氏神様をお祀りしていて手を合わせています」とおっしゃる方もいますが、氏神様はその地域全体の土地神様であり、ご自身が住んでいる土地の土地神様ではありません。

私たちは大きな立派な神社や有名な神社にお参りするほうがご利益があると思いがちですが、実際のところは自分たちの一番近くにいる土地神様がなによりも力になっていただける【守り神】となります。土地神様を守り神としてお祀りすることで、長年、病気をしていた人が良くなったり、仕事が上手くいったり、事故や怪我から守っていただいたり、家庭内が平穏になったりと人生そのものが変わっていきます。

 

 

いろいろと災いが絶えない時は土地神様が原因の場合がある

家庭不和や事故怪我などが多いなどトラブルや問題が絶えない場合は土地神様をお祀りしていないために引き起こされていることが原因のひとつと考えられることもあります。また知らず知らずのうちに土地神様が身体に乗り移り、身体が重い、頭痛が起こる、常に疲労感がある等といった体調不良を引き起こすこともあります。それは、宿った土地神様が身体の負担になるためです。

そのような場合、家のなかに神棚を設置して、神鎮め(神鎮祭)という祭式を執り行うことで、土地神様をお祀りしてご自身の「守り神」として鎮座いただき、起臥寝食のいかなるときもお守りいただく唯一無二のあなたの神様としての役割を担っていただくことをお願いします。その結果、日々の細々したことから人生に関わることまで神様にお守りいただけるようになり、「大凶を小凶に、小吉を大吉」に変えて、人生を少しでも良くなるように変えていくことが可能になります。

 

土地神様をお祀りした実際の例

土地神様をお祀りしたことで良い方向に変化したという話は全ての方からお聞きします。これは決して誇張でありません。

実際、長年に渡って耳鳴りで毎日ほとんど寝ることができなかった方が、土地神様をお祀りしたことで寝れるようになったとのお話や、うつ病で運転もできずに家に閉じこもっていた方が仕事ができるようにまで回復した例があります。またガンがいろいろなところに転移して余命も残り少ないと思っていた方もいつのまにか自然と消えてなくなったというケースもあります。

家庭内の問題だと、いままで何もしてくれなかった旦那さんがガラっと性格が変わって優しくなったという話や、夫婦で喧嘩が絶えなかったけどあることがきっかけで家庭円満になったという話は誇張せずに山ほどあります。

また、間一髪、交通事故から助かったという話も多くあります。車が横転するほどの大事故で車がボコボコになってもかすり傷一つなかったという話や電信柱が車の目の前をかすめて倒れてきたけど、危機一髪で助かったというケースもあります。旅行に行った方のなかには、予定していた飛行機に乗るのを止めて一日遅らせたら、乗る予定だった飛行機が墜落して助かったという話もあります。御嶽山の噴火からも間一髪で助かったという方もいます。

「土地家屋の清祓い」

「土地神様を鎮め、邪気を祓う」

土地には人が住む以前より「土地神様」が宿られています。この土地神様を適切に取り扱わないとさまざまな災厄を引き起こす原因となります。

たとえば、家庭内の不和、不慮の事故や病気、不審死などの原因となります。それを防ぐために、土地神様にご挨拶をし、家屋を清めることで、災厄や禍事が起こらないようにします。

厄祓い祈願

 

厄年は一生のなかでも、大きな変化を迎えて、災厄が起こりやすい年とされています。その年にあたっては、神様のご加護により災厄から身を護っていただくため、厄祓いをおこないます。厄年の年齢は数え年です。

※生まれた年を一歳と数えます。

男性では、25歳・42歳・61歳
女性では、19歳・33歳・37歳

となります。

令和4年(2022年)厄年年表

  男性 女性
前厄 平成11年生(1999年) 24歳
昭和57年生(1982年) 41歳
昭和38年生(1963年) 60歳

平成17年生(2005年)  18歳
平成 3年生(1991年)  32歳
昭和62年生(1987年)  36歳
昭和38年生(1963年)  60歳

本厄 平成10年生(1998年) 25歳
昭和56年生(1981年) 42歳
昭和37年生(1962年) 61歳

平成16年生(2004年)  19歳
平成2年生 (1990年)  33歳
昭和61年生(1986年)  37歳
昭和37年生(1962年)  61歳

後厄 平成9年生 (1997年) 26歳
昭和55年生(1980年) 43歳
昭和36年生(1961年) 62歳

平成15年生(2003年)  20歳
昭和64年生(1989年)  34歳
平成元年  (  〃 年)   〃

昭和60年生(1985年)  38歳
昭和36年生(1961年)  62歳

前厄、本厄、後厄の厄祓いをして、身に降りかかる災いから護り、明るく健やかに過ごしましょう。

御守り・各種祈願祈祷

交通安全・心願成就・厄除方位除・家内安全・仕事成就・商売繁盛・安産・病気平癒

各種祈願祈祷とともに、禍事除けの効果がある神代の言葉が封印された神聖なお守り・お札をお渡ししています。

遠方でもご依頼が可能です。その場合は行っている光景の写真をメールなどで送付しお守りは郵送いたします。

さらに詳しい内容のお問い合わせは下記よりお気軽にご相談ください。