ブログ

市川猿之助さんの事件と生まれ変わりの話

先日、市川猿之助さんとご両親が自殺を図り、残念ながらご両親は帰らぬ人となったニュースで日本中が驚きと悲しみに包まれました。まだ動機などは真偽のほどは定かではありませんが、ある雑誌で、回復した猿之助さんが「前日に死んで生まれ変わろうと家族で話した。両親は睡眠薬を飲んだ」と話している記事を見ました。

この記事を読んだときに、過去に巳和の光のブログに掲載した生まれ変わりについての話を思い出しました。(詳しくは下記のブログをご覧ください)

巳和の光では、輪廻転生、つまり生まれ変わりという考えは否定しています。それは、三輪の神様が、この世に産まれてくるということは、数多存在する魂の中から奇跡的に一つだけ選ばれて、この世に肉体を持って誕生できる「一回限りの大変貴重なことだから」とおっしゃっているためです(と言っても死んだら魂は消滅するわけではく、魂は元いた「あの世の世界」へと戻ります)

あともう一つは、生まれ変わりという考えが、今回の猿之助さんご一家のような不幸な出来事を誘発してしまう可能性もあります。どこにも死んだら生まれ変わって新しい自分になれるという保証などはありません。存在が定かでない希望にすがって命を絶つことは許されないことです。とはいっても、この世で生きることが辛く苦しいときがあります。そのため、この世の辛さや苦しさを少しでも和らげるのが、神様の役割でもあります。

お読みいただきありがとうございました。

以上