ABOUT

不思議なる大神様と歴代当主

 

いにしえより神宿る奈良三輪山から鎮座された「不思議なる国の不思議なる大神様」

 

不思議なる大神様は、いにしえより神宿る山と言われた奈良三輪山から「人助けをしたい」との目的で名古屋千種の地に鎮座されました。
鎮座されて以来、「人々を幸せにしたい」という切なる願いを一心に抱き、世にも稀な霊験によって‟人助けの神様“として信望を集めてきました。
その不思議なる霊験は、過去・現在・未来を行き来きし、千里離れた場所も柏手の音が鳴りやまない間に往復し、さらには人の運勢をも変えることができると言われています。
まずは目の前の一人を幸せをすることで、さらに近隣者や家族を幸せにし、ひいては世の中全体を幸せにするという‟幸せの連鎖“を起こすのが不思議なる大神様の切なる願いです。

   
いにしえの奈良の巳野古みやこを旅立ちて あまねく国土くに三輪里みわさとを開く』(

                          御託宣

不思議なる大神様と亡き初代当主の「人助けの道」

約70年前、不思議なる大神様は「人々を幸せにしたい」という人助けへの願いによってこの世に現れ、亡き初代当主を不思議なる大神様の「お使い」として選びました。その不思議なる大神様と先代当主との出会いはまことに不思議でもので、人知を超えた神業を目の当たりにした初代当主は、生涯を不思議なる大神様の「お使い」として捧げる決心をしました。
そして天寿を全うするまでの長きにわたり、不思議なる大神様と初代当主は二人三脚で「人助けの道」を邁進し、数限りない多くの人々の幸せづくりに生涯を捧げました。

現当主に引き継がれる「人助けの道」

初代当主の子として生まれた現当主は、幼少の頃より初代当主の不思議なる力によって不思議なる大神様の存在を至極身近に感じて育ちました。
初代当主の片腕として長年の修行を経た後、不思議なる大神様から「自動書記」と「浮かび」の力を授かり、初代当主の「お使い」の役割と使命を補佐して参りました。
そして初代当主が天寿を全うした後においても、その役割と使命を引き継ぎ、不思議なる大神様の「お使い」として日々邁進して現在に至っております。
そして、不思議なる大神様の人助けの願いを絶やさぬよう「お使い」としての役割と使命を代々受け継いで参ります。

名前の由来とロゴマーク

人々の希望の光になりたいという想いから“光”という文字をつけよ

不思議なる大神様のお言葉によりHIKARIと命名されました。
シンボルマークの御神紋は漢字の「光」を表しています。
また下から上へ伸びる四本の光の筋は、

「不思議なる大神」
「ご先祖様」
「あなた」
「家族血縁や子孫」

の4者を表しており、それらがともに天へ登り、過去・現在・未来に渡って幸福へと導かれる姿が表現されています。

保有資格など

以下の資格を保有した者が在籍しております。
経済産業大臣登録中小企業診断士、2級ファイナンシャルプランナー、2級知的財産管理技能士

さらに詳しい内容についてのお問い合わせはお問い合わせフォームより受け付けております。お気軽にご相談ください。