ブログ

前住人のお婆さんの霊に悩まされる家の清め祓い

 

先日、相談にお越しになった夫妻の方(Cさん夫妻とします)から、現在住んでいる家で度々、心霊現象に悩まされているという相談があったので家屋清め祓いに行って参りました。

 

その心霊現象に悩まされている家は、約2年ほど前にCさん夫妻が当時築3年の中古物件を購入したものでした。

 

家は3階建てで、1階は風呂場などの水回りと6畳の部屋、2階と3階にリビング・キッチン及び他の部屋があるという造りでした。

 

Cさん夫妻は2年前に入居してから断続的に何となく奇妙な気配を感じていたらしいのですが、最近、特にひどくなってきたので今回相談にお越しになられました。

 

 

Cさん夫妻曰く、その奇妙な気配は1階の6畳部屋と2階に上がる階段にかけて感じるようで、具体的には人の影がフッと見えたり、誰もいないはずの部屋から物音や音が鳴り始めたり、時には人の声のようなものが聞こえるということでした。また入居してから飼い始めた犬もそのあたりをいつも吠えているということで、Cさん夫妻はきっと何かいるのに違いないということでした。

 

そこで、実際に家に伺って見てみましょうということになり、後日、家の清め祓いをするためCさん夫妻のお宅に伺いました。

 

家に入って、1階の6畳部屋に行くと、なるほどCさん夫妻の言う通り、異様な気配を感じ、ゾゾッと鳥肌が立って「これは何かいるな」とその瞬間に確信しました。

 

そこで、実際にその6畳部屋を霊視してみると、高齢の女性が6畳部屋の真ん中あたりでコタツにくるまって座っているのが見えました。

 

Cさん夫妻に

 

「前に住んでいた人たちってどんな人か知っていますか?高齢のお婆さんがコタツに座っているのが見えますが」

 

と尋ねると、Cさん夫妻はアッと声をあげながら顔を見合わせて、

 

「そうです。隣の家に住んでいる人から聞いたのですが、以前この家には若い夫婦とお婆さんが住んでいましたが、毎月のローンが払えなくなったので家を売ることになり、それを私たちが買ったということのようです」

 

と言いました。

 

それを聞いてこちらも合点がいき、

 

「なるほど、この部屋の霊はそのお婆さんの霊です。そのお婆さんの思いが、まだこの家の6畳の部屋に残って、霊として出てきているのです。階段も2階のリビングに行くために、よく利用したので、その思いが強く残留しているのだと思います。お婆さんとしてはこの家によほど未練があったのでしょう。自分たちが建てたばかりの新しい家にもっと住みたかったのに、ローンの支払いが出来ないという理由で出て行くことになってしまったので、その時の悔しい思いや未練がまだこの地に残っていて、それがあなたたちに霊として影響を与えているのです。」

 

とお伝えしました。

 

それを聞いたCさん夫妻は

「お婆さんの霊に出て行ってもらうことは可能でしょうか?」

とおっしゃるので、

 

「はい、もちろんです。原因も分かったため、これから家全体を祓い清めながら、お婆さんの霊にここはもうあなたの家ではないよと言い聞かせて、出て行って貰うようにします」

 

と説明して、家全体の清め祓いを執り行いました。

 

 

また、加えてCさん夫妻に部屋の風通しを良くしておくようにお伝えしました。

 

というのも、Cさん夫妻はその部屋が気味悪いため普段は物置き部屋として使って雨戸を全く開けることはなかったのですが、霊は暗がりやジメジメした陰気な場所、ホコリなどが積もった不浄なところを好むため、日の光を当て風通しを良くすることで霊が寄り付かないような環境作りをする大切さも説明しました。

 

普段から家や部屋の空気を入れ替えて、こまめに掃除をするということは霊や不浄なものを寄り付かせないようにする意味もあります。

 

今後、Cさん夫妻の家も、今回一通りの清め祓いを行って部屋の環境も改善したので、お婆さんの霊による影響も無くなるだろうと思います。

 

終わり