ブログ

『自分で行うお祓い』

 

巳和の光です。

某テレビ番組で心霊番組の特番がやっていました。夏の風物詩のひとつですね。

 

番組ではさまざまな話や心霊動画、心霊写真が紹介されており、「あきらかに加工?(笑)」と思えるもの以外に、本物かなと思えるようなものもあり、興味深く視聴しました。

 

特に、番組内で怪談家の稲川淳二さんが「人形は本当に危険だ」と言ってたのには、私たちも強く同感しました。過去に私たちのところにも人形にまつわる相談があり、良くない現象を引き起こしていました。

 

さて、番組の内容を信じる信じないは別にしても、私たちは

 

『常に日々の生活のなかで、さまざまな目に見えない不浄なものに囲まれて過ごしている』

 

ということは確かです。

 

通勤通学や日々の何気ない生活、旅行などで、私たちは知らずに曰く付きの場所に接触しています。

 

霊や不浄なものは目に見えずいたるところに存在しており、私たちは気づかない間にそれらの影響を受けて、最悪は霊などを連れて帰ってきてしまうことがあります。

 

そのため、本来であれば、定期的に(可能であれば毎日)、外から持ち帰ってきた

 

「不浄なものを祓う」

 

という行為を行うことが求められます。毎日、お風呂に入って身体を洗うのと同じように、霊的にも清めるということですね。

 

ただ、なかなか毎日、神社に行ってお祓いしてもらうことは現実的に難しいです。

 

そこで、今回、簡単に自分自身でもお祓いを行える方法をお伝えします。

 

用意するものは、「お塩」だけです。

 

本来であれば、神前にてお祓いをした清浄なお塩が好ましいですが、無い場合は通常のお塩を用意してください。

 

お祓いの方法は簡単です。

 

少量のお塩をつまんで、ご自身の身体の各部分に少しづつ撒く

 

だけです。このとき、一つだけ忘れずに行っていただきたいのは

 

必ず

 

「祓え給い清め給え(はらえたまいきよめたまえ)」

 

を唱えながらお塩を撒いてください。

 

また身体だけではなく、鞄や持ち物など気になるものにも撒いてください。帰ってきた玄関口などに撒くのも良いでしょう。

 

毎日ご自身でお祓いを行うことで、道中の不浄物を祓い清めて、一日の不浄なものを洗い落とす効果が得られます。

 

 

お塩に関しては、ご相談にいらした方に無料で、神前で毎朝晩の祝詞によって清めた「清めの塩」をお渡ししています。

ご希望の方には、お祓いの方法もお伝えしていますのでお申しつけください。