ブログ

土地の持つ霊的な影響力とその恐さ


「土地」は扱いに気をつけないといけないもののひとつとされています。

 

土地は人間・動物・霊など万物の基礎となるもので、この世に存在するものは土地から離れて生きていくことはできません。そのため、土地には目に見えない神や霊などの霊的なものが宿っています。

 

土地が持つ霊的な影響力はとても強く、土地との関わりあいが家族・親戚・先祖さらにはその土地の過去の歴史も含めて人生のあらゆるかたちで影響してきます。

 

最近、土地やお住まいのご相談を受けて気になることがあります。
近年の土地開発で、昔は手つかずだった場所が新興住宅地として開発されて、住宅が建てられています。


すべての場所がそうではありませんが、昔の人々が住んでいなかった場所というのは、「住むのを避けていた土地」だった可能性がとても高いです。例えば、水害が頻発する低地、沼地や池という地理的な条件のほかに、古戦場やお墓、刑場などの理由で昔から避けてきたということもあります。

 

これから土地を購入する方には、過去にその土地がどういった土地だったのかをよく調べていたただくことをお勧めします。また現在住んでいる家や土地についても何か違和感があるようでしたらお調べいただくのがよろしいかと思います。それはマンションにお住まいの方でも同様です。分からない、たどれないということであれば、私どもに来ていただきましたら土地の因縁についてお調べすることができます。

 

土地の扱いを誤ると身に不幸が起こったりと災いをもたらします。
ご心配の方はぜひ一度ご相談にお越しください。