ブログ

【神様、なぜ?のコーナー】鳥居の前で一礼して頭を下げるのはなぜ?

鳥居とは

どの神社にも必ずある鳥居。鳥居は神域と外界とを分ける門の役割を果たしています。神社に参拝するときは、鳥居の前で頭を下げてから参拝します。

 

先日、当社にいらしたご相談者の方が、

「鳥居の前でお辞儀するのは神様のご神域に入る前にご挨拶するためと思っているのですが正しいですか?」

という質問がありました。

 

その方には、

「鳥居の前でお辞儀するのは神様へのご挨拶という意味もありますが、それ以上に神社に入る前に鳥居で頭をさげなければならない理由があります」

とお伝えしました。

 

では、なぜ神社に入る前に鳥居の前で頭を下げなければならないのでしょうか?

 

鳥居にはお祓い専門の神様がいらっしゃるため

鳥居には、神社の入り口であり神域と外界を分ける門の役割もありますが、もう一つは神社に入るすべての人間や物を祓い、不浄なものを寄せつけない砦としての役割があります。

そのため、鳥居にはお祓い専門の神様がいらっしゃって、門番よろしく神社に入ってくるすべての人や物をチェックしてお祓いをしています。

 

実際にも私たちが神社に参拝すると、鳥居の上にお祓いの神様が必ず出てこられて、大幣でお祓いをされている姿を拝見します。

このように鳥居は神様が神社に入ってくるものすべてをお祓いをしている場所なのです。

そりゃ神聖なる神社へ魔物や変な霊が入ってきたら大変ですからね(汗)

 

あなたが行くときも鳥居の前では神様がお祓いをしてくださっていますので、神主さんからお祓いを受けるのと同様に、頭を下げる必要があるのです。(そうしないとお祓いの効果がありません)

 

神社に参拝する際は、一度、鳥居の前で止まり、頭を下げて神様のお祓いを感謝の念でお受けしましょう。