ブログ

奈良三輪山・大神神社の不思議な体験 不思議な写真編 #三輪山#大神神社#不思議#写真

 

千種の神さまは現在千種の地に鎮座されていますが、元をたどると三輪山・大神神社の神様です。

そのため、長年来られている相談者様のなかにはその御神威のルーツにあやかろうと大神神社に

参拝される方もおられます。

その相談者様のお一人が、先週、大神神社へ参拝した折りに、正面の鳥居の前で非常に不思議な

写真を撮りました。以下です。

 

大神神社の大鳥居。緑色の不思議な光が左右に伸びています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の中央に緑色の帯状の不思議な光が写り込んでいます。

相談者様の方は、光の偶然かそうでなければ何か悪い予兆ではないだろうかと心配になり、相談に

来られました。

 

早速、千種の神さまにお伺いを立ててみると、「いやいや、違う。悪い予兆ではない」とのお言葉

が出てきました。千種の神さまがおっしゃるには、

 

「緑色の帯状の光は一種の神霊現象で、三輪山におられる蛇の神さまが姿を現している。緑色の帯

状の不思議な光はその蛇の神さまの胴体である」そして、

「三輪山の神がおまえ(=相談者様)の守護神になり一生に渡って助けたいと言っているため、

千種の神が取り次いでいる。守護神として鎮座させよ。」とのことでした。

 

それを聞いたご相談者様は、数十年に渡って相談に来られており全幅の信頼を寄せているため、すぐに

その神さまをご自身の守護神としてお祀りしたいとおっしゃいました。

 

長年相談に来られる方は、このような不思議なことがよく起こります。それは、その方が神さまのお力を

必要としており、また神さまのほうもそのような方を生涯に渡って助けたいと思って存在を示すからです。

何事も千里の道も一歩よりと申しますが、特に人生を変えるということになりますと、そう並々簡単なこと

ではありません。一歩一歩幸せな道を歩んでいくためにも、回数を重ねて相談に来ていただくことがとても

重要なことですとどの相談者様にもお伝えさせていただいております。