ブログ

奈良三輪山の不思議な体験 神犬編 #三輪山#大神神社#不思議#神様#パワースポット#千種#名古屋#霊視#占い#千種の神さま

 

いにしえより大神神社のご神体である、奈良三輪山は神宿る山と言われてきました。
現在ではパワースポットとして注目され多くの方が参拝されています。以前、当ブログに
おいても不思議なことが起こったことを書きましたが、今回は、まだ現在のようにパワー
スポットとして注目をされる以前の三輪山で起った話をしたいと思います。

 

奈良三輪山は江戸時代まで禁足地でした。それが明治時代になり登拝が許され、現在では
誰しもが登って参拝できます。今ではたくさんの方が登拝するため、安全上の理由から登
拝の時間が決められており、入山管理や登拝のルートが神社によってしっかりされていま
すが、戦後間もないころは現在では許されていない夜の登拝や比較的自由なルートで登拝
が許されていました。当時は山岳修行を目的とした登拝がほとんどであり、今のように観
光客がいなかったという理由があります。

 

このような戦後間もない自由な登拝が出来ていたころ、初代も山岳修行の目的でたびたび
三輪山に登拝していました。そして、時間帯も神々が出てこられる夜にということで、今
では許されない夜間に行うことがありました。

 

さて、ある日のある夜、山岳修行の目的で、初代が先頭に立って集団で三輪山の夜間修行
へと向かいました。当時はルートも複数あったため、現在とは違ったルートで山に分け入
って進んでいきました。山中を駆け巡り、さて下山しようとして進んでいたところ、いつ
のまにかルートを見失って山中で迷ってしまいました。あたりは真っ暗でどっちに行った
ら良いかさっぱり分かりません。
「これは困った、下手したらみんなで遭難して死んでしまうぞ」ということで皆オロオロ
していると、突然、山の中から一匹の白い犬が現れました。

 

その犬は、集団の先頭に立ち、こちらを向いています。そして、ちょっと歩きながら、ま
たこちらを振り向いて見ています。
それを見た誰かが「あれは神様のお使いではないんですか!?」と言いました。
そしたら初代が「あれは神犬や、あれについていこ!!」と言い、みんなで白い犬の後を
追っていくことにしました。

その犬は、ちょっと先にいってはこちらを向き、またちょっと先に行ってはこちらを向い
て待つということを繰り返し、集団を率いていきました。そして、夜の真っ暗な山道をず
っと歩いていくと、街の灯りが見えて無事に下山することができました。そして白い犬は
いつのまにかいなくなっていました。

 

三輪山大神神社では、

「幸魂奇魂守給幸給(さきみたま くしみたま まもりたまひ さきはえたまえ)」

と参拝時に唱えます。その意味は、幸魂は人々を平和で幸福に導くはたらき、奇魂は霊妙
なはたらきで物事を成就に導く働きとされています。

初代はまさにその奇魂を体験し、あらためて偉大なる三輪山の不思議なる霊験に感じ入ったとのことでした。

 

当所は、〝千種(ちくさ)の神さま″としてその霊験あらたかな三輪山の神様が鎮座されて
おり、「人助けをしたい」との目的で皆さまの悩みにお答えしています。