ブログ

諏訪大社とお祓いの神様 #諏訪大社#お祓い

 

諏訪大社は長野県諏訪湖周辺に四か所ある神社です。

そのなかのひとつ、下社秋宮に訪れたときのお話をしたいと思います。

 

諏訪大社下社秋宮へはクルマで行きました。

諏訪湖の水面を横目にクルマで走っていると、当主が

 

「あー、髭を蓄えた武将のような姿の神様がお出ましになられた」

 

と言ったので、筆者の私や他の者は、

 

「諏訪大社の神様が出てこられたのかな」

と話をしながら、現地に到着しました。

 

クルマから降りて、下社秋宮へ歩いていくと鳥居がありました。

 

その鳥居の下にいくと、当主が

 

「いま、鳥居の上にお祓いで使う大麻が現れて、お祓いの神様がバサッ、バサッとお祓いを

されていらっしゃる。皆で頭下げよ」(もちろん他の人には見えませんが)、

 

と言いましたので、皆で鳥居の前で頭を下げて、それから鳥居をくぐりました。

 

神社の鳥居のまでは一礼をされて入るのがマナーとされていますが、

実際に、神社の鳥居では、お祓いの神様がいらっしゃって、皆さまが参拝されたときに

お祓いをされています。

 

皆さまも神社に行った際は、ぜひ鳥居の前で一礼して参拝してくださいね。