ブログ

旧日本兵の霊 #名古屋#霊障#霊視#沖縄

その昔、相談者様から、
「今度、家族と沖縄旅行に行くのですが、何事もトラブルなく帰ってこれますか」
というご相談がありました。
神霊鑑定を行うと旅行先で霊が憑いてくるのが見えたため、その方に、
「無事に帰宅できますが、旅行後に何か身体に不調を感じたらまた来てください」
とお伝えしました。

しばらく経って、その方が再度相談に来られました。席に着くなり、
「沖縄旅行から帰ってきてから、肩が重くて体がだるいのですが、これは何か霊がついてきているのでしょうか?」
と尋ねてきました。
やはりと思いつつ、その方を霊視すると、背後に旧日本兵の帽子を被った兵隊さんが立っているではありませんか。

この霊は恐らく沖縄で無念の想いを抱いて亡くなった兵隊さんに違いないと思い、その兵隊さんに向かって、
「あなたはどうしてこの人に憑いてきたのですか?」
と問いかけました。
そうすると、その兵隊さんは、
「私は沖縄で戦死したのですが、どうしても父母が住む故郷の本土に帰りたいという思いでこの人に憑いてきました」
と答えました。そこで、
「どうしたらあなたはこの人から離れて未練なくあの世へと旅立てますか?」
と再び問いかけました。
その兵隊さんは
「親にはもう会えないので、どなたか自分の親代わりとなっていただき弔ってほしい」
と答えました。

相談者様に、その旨をお伝えしたころ、
しばらく考えた後、これも何かのご縁のということで私が親の代わりとなって弔いますとおっしゃりました。
その後、供養を執り行い、無事にすべてが終わると、その兵隊さんが現れて、大粒の涙を流しながら、
「ありがとう、ありがとう」
と何度も感謝の言葉を唱えて、すぅーっと消えていきました。その後、その相談者の方の肩の重さや身体のだるさも自然となくなりました。

過去に不遇の死を遂げた人がいる場所や建物にはこの世への未練を断ち切れず成仏できない霊がいることがあります。
不用意にそのような場所に行くと霊が憑いてきてしまい、肩の重さ、だるさ、頭痛などの身体の不調や予想外の不運を招くことがあります。
なるべくそういういわくつきの場所に行かないことが肝要ですが、知らずにそのような場所に行ってしまうこともあります。
そういう場所に行ったとき、また身震いや頭痛などの体調に何か違和感を感じたときは、「祓え給い、清め給え」を三度お唱えいただくとお祓いの効果が発揮されます。
またどうしても体調が悪くて病院に行っても原因がはっきりしない場合は(何よりまずは病院に行って頂くのが先決ですが)、
霊障の原因という可能性もありますのでご当事務所にご相談ください。

神霊鑑定HIKARI