ブログ

霊峰大山の神様とお調子者のきつね達(1)#パワースポット#大山#霊視#神様

故人である初代は非常に霊力に優れていて、常人ではあり得ない数多くの不思議な体験をしてきました。そのなかの物語のひとつをご紹介したいと思います。

 

初代がまだ存命だった10年前ごろの話です。あるとき、初代と二代目が山陰地方の霊峰大山に参拝旅行に向かいました。大山は古より修験道で有名な霊峰で、いまでも修験道者が修行した痕跡が各所に残されています。大山の麓に到着すると、もうすでに初冬で雪がチラついていて人はいません。初代と二代目は車を降り、大山の麓の神社に参拝するため、誰もいない参道を歩いていくことにしました。参道の分岐点に差し掛かったとき、初代は高齢であったため、分岐点前の茶屋に置いてあるベンチに腰掛けて、二代目だけで参拝に行くことにして、二代目はそのまま引き続き大山の神社へ参拝に向かいました。二代目が神社で参拝を終えて帰ってくるなり、初代が、「やあやあ、あんたが参拝しているときにいろいろなことがあった」と話を始めました。

 

二代目が参拝に向かった後、初代は茶屋の前のベンチに腰掛けてボーっとしていました。しばらくして何やら気配を感じ、ふと目を上げると、さきほど二代目が向かった参道に沿って、蛇の姿に衣冠(平安時代の貴族装束)を着衣された神様が笏を持ってぞろぞろと出で立ち始めました。その数は無数であり、貴賓を迎えるかの如く道の両側に向き合って並び始めました。列は参道から延々と山の頂上まで至っていました。よく見ると、それらの神様が着衣されている服の色や冠の形が違っていて、一目で位が分かるようになっていました。無数の神様が整然と山の頂上まで並び終わった後、ひときわ巨大で立派な蛇の神様がとぐろを巻いて山の頂上に鎮座されました。そして、その立派な神様は山の頂から初代に向かってこう述べられたそうです。

 

霊峰大山の神様とお調子者のきつね達(2)に続く